よくあるご質問|きもの あさぎ

我が家のお雛様

2017年3月1日

DSC_0012

 

我が家の娘へ

三人官女も五人囃子も居なくてごめんなさい。

でも幸せになってね。

しみ抜き屋流浪の旅・1年2ヶ月の結果

2017年1月13日

 

2017年、新年が明けました。

気持ちも新たに新年初のブログを綴ります。

今から1年2ヶ月前に16年間お世話になったしみ抜き屋さんが

引退なさってから、流浪の旅が始まりました。その間5軒もの

職人さんを転々とする事に・・・・皆様70代80代のご高齢の

職人さんばかり!どこも跡取りさんは無く、今の代でお終い!

当然ご病気の問題があったり、その他どうにもクリア出来ない

諸々の問題が山積で、その結果涙、涙の1年2ヶ月となった訳です。

そんな中で私の頭の中には常に1軒のしみ抜き屋さんがありました。

引退なさったしみ抜き屋さんが本当はその方をご紹介したかったであろうしみ抜き屋さん。

 

ところがそこは断念せざるを得ない諸事情があり、諦めたのです。

そして去年の暮れに意を決して、断られるのを覚悟で受話器を持ちました。正直言って手が震えていました。

先方は最初、案の定渋っておりましたが、私がこの1年余りの間にどれだけ困窮していたかを訴えた

ら、とても男気のある方で最後は承諾して下さいました。後は涙でした・・・・

それから1回目の仕上りを見た瞬間に又々涙!この1年余り、目にする事が無かった見事な

仕上りに思わず「これで仕事が続けられる!」と・・・・

これが昨年の暮れの私への大きなご褒美でした。

9月の単衣・イチオシ!

2016年7月15日

DSC_0076

単衣の小紋に白の絽綴れ、9月の
イチオシです。
思わずこの装いで、お出かけしたく
なりませんか?

奈良団扇

2016年7月14日


 

 

 

昨日お客様より奈良団扇を頂戴しました。早速お店に置いていたら、本日お越しのお客様が直ぐに気付き「奈良団扇ね!」・・・・・何でご存知なの?私は昨日初めて知ったばかりなのに!(笑)

うちのお客様は色々な事を本当によくご存知でいらっしゃる!

団扇は古代中国より魔除けとして伝来したものですが、現代では夏の風流の代名詞とも言えるものです。街で無料配布されている物とは全く違うこの奈良団扇は雅を感じますね~(鹿の透かしが入っております)

池田含香堂のHPをご覧下さい。新たな感動を味わえます。

この夏、またひとつお利口になった気分です(笑)

風神雷神

2016年6月14日

 

 

 

14659742069551465974201212

 

風神雷神、若い頃は何ら興味を抱かなかったのに、今はこよなく好きです。 1年半前に京都の建仁寺に参った時に、この風神雷神のレプリカを拝見致しましたが、本物?と思う程でした。国宝第一号指定ですから、表に出ているはずがありませんが・・・・(笑)

 

私は「俵屋宗達」が好きですが、皆様はどの作家がお好みですか?

 

上村松園「母子」

2016年1月20日

PIC000037

 

3年程前、辛い時期がありました。そんなある時、たまたまBS

で松園をモデルとした映画「序の舞」を観て、その壮絶な人生

に自分は比較にもならない程の衝撃を覚え、そこから前向きに生

きられるきっかけを頂きました。その後、松園の「母子」を所蔵

する国立近代美術館にて実物を拝見する事ができ、迷わず複製画

を購入し「あさぎ」の壁に収めました。前向きに一歩を踏み出した

瞬間に運気が上昇した実感を覚え、それを証明できるような出来事

を幾つか体験した事が今でも不思議でなりません。何と言ってもあの

時の一連の絶妙な巡り合せが、今でも忘れられない不思議な一生の

思い出です。

今はとっても元気です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

歌舞伎

2016年1月7日

5日お昼の部に初お着物で。

江戸時代より庶民の娯楽として栄えた歌舞伎ですが、今や1等席が

お正月は1万9千円、もはや庶民の娯楽とは言い難いものがあります。

新春公演はやはりお着物の方がいつもよりは多かったのですが、それでも

私的には少ないと思いました。時代の流れと共に日本の伝統文化が日本人

の心から遠のいて行くと感じるのは、おそらく私だけではないと思います。

寂しい限りです。そんな年明けでした・・・・・

 

DSC_0013 (1)

新年のご挨拶

2016年1月7日

 

 

DSC_0006

 

2016年明けましておめでとうございます。

私事ですが、今年は天中殺が明けます。その事が私の心をどれだけ

明るくしてくれる事でしょうか!思い起こせば、天中殺の名にふさわしく

この3年間は激動の時間でした。ハンカチを10枚位用意しないと聞け

ないお話が山の様にあります。山高ければ谷深しの如く、この世の中は

諸行無常。でもこの沢山の経験が私を大きく成長させてくれたと今、実感

しております・

 

上の写真は2日、赤坂の氷川神社の初詣です。今年はどんな1年になる

のか、ドキドキしながらお御籤を引きました。内容は秘密です。今年もお着物

と向き合って幸せな1年となります様に・・・・・

 

年末のご挨拶

2015年12月30日

今年一年を振り返りますと、どの角度から見ても厳しいものでした。

それは着物業界全体に言える事だと思います。職人さんの減少、

着物は無くなりませんがその内容は大きく変わるという過渡期を特に

実感した一年でした。それでも又新年を迎えられる事にひとしお感謝

せずにはいられません。

 

一人ぼっちの自営業は孤独です。日々様々な事に見舞われ、心が

折れそうになります。そんな時、助けて下さるのがお客様であったり

するのです。連絡手段と言えば昔は手紙や電話、それが今ではメール

にライン諸々・・・・・多種多様な選択肢を駆使しながら、日々お客様と

コンタクトをとっております。今年一年も沢山のお客様に育てて頂いた

事に心より感謝を申し上げます。新年もどうぞ宜しくお願い致します。

染み抜き屋さんの事

2015年12月22日

かれこれ十数年お世話になって参りました染み抜き屋さんが

10月で引退の為、廃業なさいました。雨の日も風の日も

毎週㈯の開店時間の12時丁度にお越し頂くのに対し、

私は何十回お待たせした事でしょう!失礼極まりない私でした。

十数年の間には当然仕事上ぶつかる事もありましたが、

その都度話し合いでご理解頂けた事も深い感謝です。

そうではない職人さんが多い着物業界では、尊敬に値する

方でした。

 

今日まであさぎを支えて頂き、ありがとうございました。

この御恩に報いる為にも、これからの厳しい着物業界を

生き抜いてみせます。

 

 

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント

    カテゴリー

    お問い合せ
    コーディネート
    よくあるご質問
    インタビュー
    あさぎブログ
    着物買取